地域指導員養成講座

1) まずは「地域指導員養成講座」の実施
マージャンを打つことと教えることは大きな違いがあります。正しいマナーやルール、教える役の順番など体系的な指導法を身につける必要があります。またお一人で活動することも難しく当団体ではその地域でチームとしての活動を推奨しています。
そこで、まず市報などで「地域指導員養成講座」の開催を呼びかけます。そこで集まった同じ意識の仲間と行動を共にし、指導員としての知識と経験を積み上げてゆきます。
カリキュラムは6日(地方は2日で他は動画による受講)で1日4時間。
費用は6000円(年会費3千円、教材費2千円、受講料千円)で講師交通費は当団体負担
2) 地域指導員養成講座の内容
1、ゲームマナー 2、ルール 3、入門講座8回の内容を実践指導する。
最終日に筆記試験を実施。これは8回の研修終了後に入門講座で教える側としてマナー・ルールや点数計算等の理解度を確認するもので高度な試験ではありません。合格者に認定書発行
3) 入門講座の実施
地域指導員の誕生と同時に市報などを利用し「健康マージャン入門講座」の開催。
講師は地域指導員養成講座を受講した方々が互選により講師を選出し実施することでより生徒に信頼される教室が誕生します。また重要なのはアシスタントです。同じ勉強をした方々でチームとして生徒に接することで地域一番の教室となります。